マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





eナースセンター看護師求人

看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、労働に見合うだけの残業手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。

 

 

 

残業代の未払いは、労働者が新人かどうかは別の話で労基法違反であり、犯罪です。

 

 

 

残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、せっかく働いたのならその時間分、手当として支払われなければなりません。結婚相手として看護師は人気が高いと思うのですが、独身の女性も多いです。看護師がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、早婚と晩婚が極端に分かれていると言えますね。晩婚の理由として多いものは、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、キャリアアップを最優先に考えるため、結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。

 

 

多くの看護師が持つ悩みといったら、不規則な休みでしょう。

 

 

 

折角休みになっても友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという事が悩みのタネになっているようです。

 

または、労働環境が過酷で休みを取る暇がないケースもあるでしょう。きちんとした休みを望むのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。
そのため、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、人員を交代させながら業務につくことになります。夜勤業務があるので、睡眠時間をうまく調整できない場合は結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。
病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。
日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師はものすごい激務に追われているのです。

 

 

 

男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は分からなくはない話です。

 

もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。
なので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。

 

 

 

向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから働く場所を変えようとするケースもあるようです。

 

 

大学病院など、高度な医療を行なうところでさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。

 

なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。

 

 

それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、得意なことを最も活かすことができる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。

 

また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、まず間違いなく、病棟で働くことになります。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。

 

 

看護師の仕事は他職種と比較して高いお給料をもらえます。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。

 

 

そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというのは珍しくありません。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最高でしょう。

 

病院には多くの科が設置されていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。

 

 

ローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、看護師として全体的なものの見方が出来るようになり、知識を深められるでしょう。

 

 

 

将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人看護師の意欲も湧いてきます。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。
ですから、やはり、転職率も高いことが挙げられます。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども増えています。

 

 

看護師の求人に特化した転職サイトであれば、もっと簡単に希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。

 

最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも併用して、より良い転職先を見付けましょう。みなさんご存知のように、看護師の休日についてはクリニックや病院の勤務形態によって異なっていますから、一概には言えません。特に、3交代の勤務体系で行われていると、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みも普通です。

 

 

一見大変そうなシフト勤務ですが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。
収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。

 

しかし、メインの方の職場でWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。近頃は、看護師不足の傾向にあると考えられています。
かつて看護師資格を取得したけれど、看護師として働いていない人も多くいます。
このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。
それは最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。

 

大多数が女性の職場なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。オン、オフの期間を調整できて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選んで働ける、等などが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。
ですから、今現在、仕事を探している人は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼ぎが多くなるという現実があります。ですからナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであればどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。夜勤帯に働くかどうかで給料の差は大きくなります。