マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


































非公開best求人看護師年収ベスト

看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときの長所と短所を理解しておきましょう。

 

これから手術を受ける患者や術後の患者の看護を実践することで、看護師としての技術が学べることです。
良くない面を挙げると、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期に渡って落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。

 

 

実際には本人が働いている医療機関でそれぞれ異なるようです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが一般的です。別の見方をすれば、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。平均的に離職者の多い看護師という職業は、転職率も高いですね。

 

ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども多くあります。このような転職サイトを活用すれば、もっと簡単に自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。

 

 

 

それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを一緒に活用することをお勧めします。現在わが国では、経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。

 

 

 

けれども、日本語を使った看護師国家試験にもしも、3年以内に看護師になれなければ自分の国に帰らなければなりません。

 

就労中に日本語を学び、また、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、大変シビアであるようです。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいだと思いますか?受験生全体の看護師国家試験合格率は90%近くが毎年合格できているようです。試験内容自体が、学校の授業をちゃんと学習していた人であれば難なく合格できるものですから、特別に高難度な資格ではありません。

 

 

ほんの少し前までは看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近頃では少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。

 

 

 

実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。

 

 

給料は女性と差はありませんが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。

 

看護師という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他職種と同じように、労働者の権利を訴えるような組織がなければ雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、看護婦を雇う側がきちんとした配慮を行うことが重要だということは言うまでもありません。ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。

 

 

 

課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。

 

他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、750万円位だと言われているようです。

 

国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、日本の医療を提供できたらという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、看護師は常に求められているのです。海外で看護師になる場合、患者とやりとりをするうえで英語を話せることが絶対条件になります。海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、きちんと英語を学んでおくべきです。

 

 

 

職場を変わられるときにはご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。

 

 

何だと思いますか?それは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。
志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去の経験を生かせそうだからというような、「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、このところ次第に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。ということはつまり、医療機関で働く看護師に関しても現場では切実に求められているのに、今のところ、どこでも人手は足りていません。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、看護師にとっては、転職がやりやすいといった大きなメリットもあります。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。
看護師の資格を持っていれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。とは言え、メインで働いている職場の規定で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。
近頃は、看護師は足りていないと言えます。
看護師資格を持っているけれども、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。

 

 

 

では、看護師不足の原因はなんでしょう。

 

それは、結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。

 

常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。

 

 

大多数が女性の職場なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。

 

 

 

交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。

 

予定にない急な出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。

 

 

そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。

 

看護師がかぶる帽子というのは、看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。
料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。そうはいっても、ここ数年の間に看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。
過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。