ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/



























































賢い選び方看護師再就職

病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それに加えて外来勤務においては、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、人気の医師のところなどでは、たくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、この何年か特に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。

 

 

そうなってくると、医師と看護師ももっと多くの人手が必要とされているのですが、今のところ、どこでも人手は足りていません。

 

ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、看護師にとっては、転職がやりやすいといった良い面もあるのです。

 

医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの間には大きな違いがあります。分かりやすい違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。
対する看護師の仕事は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんのケアをするということが中心です。

 

 

 

看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

 

 

第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。

 

 

 

それから、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。

 

そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、難点を補って余りあるメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。我が国の法律で、看護師は仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。

 

看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますそうはいっても、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験を積んでいる看護師に限り、一部の医療行為を許可されてもいいのではないかと考えています。病院で看護師として働く場合、働く時間が規則的でないことやハードな仕事内容であるということを理由に他職種に転職する人も少なくないという話ですが、案外、看護師資格は違う職種の現場においても有益であるケースが多いのです。

 

 

 

例を挙げると、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。

 

 

どんな時やりがいを感じるかですが、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。

 

それから、患者さんの家族の人たちに何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、最高にやりがいを実感できます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、多分看護師はもう辞めたい、などと思って、悩むでしょう。

 

一般的に、看護師という職業は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。

 

 

医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な仕事ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より高収入を続けやすいことが看護師の特徴だと言えるでしょう。景気に左右されないのも強みでしょう。高収入で安定した職業という意味においては人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。

 

 

 

転職活動の場面においては、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けなければならないことがあります。

 

何に気を付けるべきかと言いますと、特に履歴書の中の志望動機をいかに書くかです。

 

雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術や知識を学べるといった理由や身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような意欲溢れる動機がベターでしょう。看護師に階級があるのをご存知ですか?一番階級が高いのは、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。
階級を上げる方法ですが、勤務年数を長くして、周囲から信頼されるような人材になることが必須になります。
階級が高くなるほどに年収や待遇は良くなるでしょう。

 

 

 

朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。働いた分の休みはちゃんとありますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大勢いる、というのが現実です。出産し、子育てを始めるとなると24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はそもそも夜勤などはできないものです。とは言え、近年においては復職を希望する人の例がじりじりと増えていっているようです。

 

みなさんご存知のように、看護師の休日については職場によって各自違うようです。

 

特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなこともよくあります。むしろ、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、そういう意味では働きやすいと言えますね。

 

すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。
看護師らの労働環境はあまり良くはなく、長時間の残業と夜勤を続けたため、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。

 

ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、考慮され、それを活かせる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。

 

 

仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。

 

 

 

私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、中学の時の職場体験で、私は介護施設へ訪問しました。
その時、そこに勤務している看護師さんを見て、心を動かされたのが契機となりました。

 

 

将来、仕事を選ぶとき、こういった職業で働いていきたいと考えたことが端緒となり看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。いやなこともありますが、毎日が充実しています。