ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/



























































看護師転職ランキングナース求人

近年、相次ぐ病院の統廃合によって看護師の不足が浮き彫りとなっています。
日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患対応も必要で、多くの看護師がものすごい激務に追われているのです。
男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスにやられてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも頷けます。ここのところ、ますます看護師は不足気味です。かつて看護師資格を取得したけれど、看護師をやっていないというケースは少なくありません。このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。
それは看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。

 

それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。

 

大多数が女性の職場なので、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。

 

 

ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。ハードな通常業務だけでなく、業務時間以外にも仕事が多くあり、時間通りに帰れないということはよくあるのです。

 

 

 

ですが、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。

 

 

実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。

 

 

でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。
では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでがパート看護師の時給としての相場です。

 

パートの仕事の割には良い時給なのかもしれません。しかし、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。自身の結婚、出産あるいは転居など個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。
そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。退職する時に出る手当である、退職金については、公的医療機関であれば、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、そうした規定に沿って支払われます。

 

 

 

翻って個人病院の状況ですが、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。

 

 

公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。

 

他はそうとも言えない、ということになるでしょう。
公務員看護師になるには、国公立病院や公立機関で働くという方法です。もともと、看護師という職業が専門的な知識が求められ、長期間働ける業種で人気なのですが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。

 

給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは何よりも魅力的だと思います。常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、結構、融通の利く部分があります。

 

 

どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。

 

 

なので、育児と仕事の両立を図りつつ、なんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。
子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。
なお他業種同様、8時間勤務が基本です。看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字だと、どちらかで書き表されます。

 

過去には「看護士」が男性、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。

 

法律が変更された2001年を境に、男女とも使える「看護師」を使うことでまとめられることになったわけです。我が国の法律で、看護師は医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。

 

看護師が医療行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますしかしながら、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験豊富な看護師であれば、それなりの医療行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。大方の場合、看護師の職はハードワークだと言われますが勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、合間で休憩はあるのですが、合計して16時間勤務となることもあるのです。

 

 

 

長時間勤務がザラだということも看護師として勤務することがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり給料が高いという印象があるのではないでしょうか。

 

 

医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、給料で見れば安定的に待遇が良いのが目立ちます。

 

また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。これらの高給や安定性を重視するならば看護師はメリットの多い職業だと言えます。数年前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近年では男性看護師の割合も増加しています。看護職においては、患者の移動の際や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師の活躍する場面は多々あります。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。

 

看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、何てったって、働いていない期間が長くあったとしても、また看護師に戻れるという点です。これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、人が足りていないことが少なからず関係しています。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は条件に合えばすでに50代になっていても再び働くことができます。多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。

 

 

女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。

 

 

街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。

 

 

 

ですが、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、休日が合わないために駄目になってしまうこともあるようです。