マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





看護師求人東京看護プロ

女の子が憧れることが多い看護師になるためには、よく知られている、二つの方法があります。

 

それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。
授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。

 

他方、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。
どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつに「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。
何のことか見当がつきますか?食事のために休憩するということを働いている他の人にわかってもらう目的で使用している現場は多いようです。
ところで、エッセンという言葉ですがこれは、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。

 

この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれ今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。もともと、看護師という職業が専門的な知識が求められ、長期間働ける職種の一つであるとして注目されていますが、さらに加えて、公務員の待遇もあれば一層安定した職業になることは確実です。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。

 

 

 

これらは魅力的なメリットです。

 

看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師は服装や外見を意識しておくことが大切です。中でも、女性の看護師はけばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、印象の良いナチュラルメイクにするのが一番良いでしょう。ノーメイクという訳でもありませんから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わりますよ。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、職場における対人関係や夜勤で体調を崩すといった問題があります。看護師の中には女性が多く、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることもよくあります。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのもアリだと思います。

 

 

 

一般的に、看護師の休みは、勤めている現場で各自違うようです。中でも3交代勤務の職場においては、シフトを組んで働きますので、休日や出勤日が変則的なこともよくあります。一見大変そうなシフト勤務ですが、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、そういう意味では働きやすいと言えますね。

 

 

 

普通、看護師としてキャリアを積んでいくと昇進し、階級が上がることがあります。

 

例えば、婦長といったら分かりやすい役職ですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も珍しくありませんので、正看護師であれば上の役職であることは理解できると思います。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。
看護師の仕事をしていく中で勿論逃げ出したくなることも少なからずあることと思います。
仕事上のミスや、患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。
ただ、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと感じることも多くあります。

 

元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、さまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。

 

でも、ここで気を付けたいことは、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が減ってしまう事がほとんどです。

 

 

 

将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。
看護師の資格を持っていれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。

 

とはいっても、メインで勤務している職場が副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているなどと、言われることは多いですが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。

 

女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。慣れていないと、そんな環境にやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。

 

そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、考慮され、それを活かせる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、まず間違いなく、病棟で働くことになります。

 

もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。しかしながら、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。
することは多く、責任は重く、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。そういったことをわかった上で、看護師という仕事を希望し、勉強に励む人が多い訳は、良くない点を打ち消せる程に良い点がたくさんあるということなのでしょう。

 

 

殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは社会問題に繋がっています。

 

原因としては、看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。
近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取るのも困難なのです。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、辞める道を選ぶ人も多いのです。受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。まず、大学はどういったところかというと、最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。

 

 

そして、専門学校の場合は、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。

 

その他、学費に関しても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。