マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


































看護師求人サイト比較研究所net

近年、相次ぐ病院の統廃合によって医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。

 

 

 

夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も行い、看護師の大半はとても大変な思いをしているという現実があります。男性看護師も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも分からなくはない話です。
公務員看護師になるには、国公立の医療機関で働くことです。

 

 

もともと、看護師という職業が専門的な知識や経験が求められ、安定した職業として注目されていますが、さらに加えて、公務員の待遇もあればさらに安定した職業になると言えます。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは何よりも魅力的だと思います。一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接しなければいけないので、不潔な印象にならないよう、髪形にも配慮しなくてはなりません。

 

 

看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いでしょう。また、病院によっては、髪形への規則の厳しさが変わるということを覚えておいた方が良いと思います。

 

 

 

看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。
エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。同様に、薬にも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。

 

そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。

 

ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。
でも、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚えておかなければいけない仕事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。
そのため、うつ病を患う看護師も珍しくないのです。

 

 

看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。
それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。

 

この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、それほどまでに難しい、というものでもないのです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関はいくつか種類があるのですけれど、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。階級が高いものは、ほとんどの病院では総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。どのようにして階級を上げるのかというと、長い間同じ病院に勤めて実績を残しておき、周りの人間の信頼を得るように努力することが必要だと言えます。もちろん、階級が上がればその分、収入も増えます。
近年、日本においてはEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの外国人看護師候補生という方々を受け入れています。けれども、日本語を使った看護師国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、母国へ帰国することになります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、あわせて、国家試験対策をしなければならず、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。
看護師の職は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他職種と同じように、労働組合のようなものがなければ状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、雇用する側が、考慮することが重要だということは言うまでもありません。数年前までは看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、昨今は少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。

 

年収については、女性の場合と一緒ですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。

 

昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど人気が高いと思われる看護師ですが、なぜ結婚できない看護師が多いのでしょうか。

 

 

調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚が極端に分かれていると分かりました。
挙げられる理由としては毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。少子化や高齢化のために、医療職にかかわる人たちもより多く輩出されなければならなくなるでしょう。

 

 

 

ですから、今でさえ足りていない看護師ですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。年々多くの看護師が輩出されているのに、それでも看護師が足りていないのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが起因しています。
殆どの看護師に共通する悩みといえば、不規則な勤務形態ではないでしょうか。

 

休日や休みの時間に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという辛さがあるようです。あるいは、単純に簡単に休みが取れないという問題もあります。
きちんとした休みを望むのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、転職を考えるのが良いでしょう。看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。

 

注意点ですが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて結果的に給料が減ることがほとんどです。

 

今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。

 

看護師にとって勿論逃げ出したくなることも少なくないでしょう。

 

お仕事に関する失敗だけでなく時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。
ですが、それだけではなく、喜ばしいこと、看護師の仕事をやり続けたいと実感することも多々あるのです。

 

元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。