ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/



























































看護師東京好条件の非公開求人

他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、少なくとも平均年収においては確実に、看護師の方が上回るといいます。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく常に需要が高い傾向が見られますから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの専門職らしい長所もあるのでした。
収入が良いのは事実ですが、その一方で、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。近頃は、ますます看護師は不足気味です。看護師の免許を持っていても、看護師をやっていないというケースは少なくありません。
看護師不足が起こる原因は最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。

 

それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。

 

女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師が行います。

 

緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、少々混乱してしまいそうなくらいにゴタゴタする夜を過ごすこともあります。
看護師をするきっかけとして外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。新卒の給料を見ても同世代の新入社員と比較してより高収入といえるでしょう。
しかしながら、給料を多くもらうということは、それだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。

 

24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、経験を積む上でも必然的にシフト勤務になると思います。

 

妻が看護師としてシフトに入っていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変だった思い出があります。看護師の資格というものは日本の法律では医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。しかしながら、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験豊富な看護師であれば、一部の医療行為を認めるべきだと思っています。日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、つらいこと、大変なこともあります。

 

 

楽ができる病棟はどこだろう、と真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない診療科としては、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。しかしながら、医療機関の種類や、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、仕事の内容は全く変わってきます。看護師を志したのは中学の時の職場体験で、介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感動したのがきっかけです。

 

将来、仕事を選ぶとき、あんな仕事をしたいというように思い続けて高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。辛くなってしまうようなことだってあるのですが、看護師になってよかったです。
病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。

 

日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。

 

 

それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、特に大病院や、人気の診療科などがあると多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。
外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。

 

 

国家資格を有した正看になるためには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必要不可欠になります。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。

 

しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、専門学校に入学するための予備校も人気があるのです。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信教育課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。
常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、実は意外と調整しやすいようになっています。

 

それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。
小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。
学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気になったことがあります。

 

どうやら看護師はタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。

 

 

さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。
しかし、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方はまあ、お察しの通りです。
ちなみに酒豪が多いです。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。

 

ただ、健康には気をつけてほしいです。私の仕事は病院事務です。
普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが常にみなさん忙しく働かれています。
夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。
だけど私の想像以上に忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、お子さん同伴での看護師さんの参加が少なからずいらっしゃるんです。

 

先生方も笑顔で、アットホームな雰囲気でした。
国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、日本の医療を提供できたらと考えている看護師の方もいると思います。

 

 

現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。
当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで医学的な英会話ができる事が最低条件になります。

 

本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職という選択をすることにしたのでした。

 

 

そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。

 

そういうサイトを見たり、本を探したりしながらこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、なんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがいやでも思い知らされた出来事でした。