ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/



























































看護師募集ナースキャスト

新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、気になるのはその配属先ですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなところもある一方、人事を担当する人の考えによって左右される場合もあるかもしれません。

 

 

望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、出された答えとしての配属であることが多いようです。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、ですから、求人だってもちろん多いです。

 

例えば今現在、勤め先でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。

 

 

 

もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。

 

看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。
残業代の未払いは、勤続年数や経験などは関係せずはっきりと労基法に違反しているのです。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、当然、働いた分のお金は、給金という形で手に入るのが当然なのです。二年ほど前から、病院事務として勤務しております。
普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、いつでも皆さん忙しくされています。
夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。けれど、私の心配とは無縁に、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。お子さん同伴での看護師さんの参加が少なからずいらっしゃるんです。
参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。

 

看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で書いてみると二通りで表すことができます。かつては看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。
法の改正があった2001年をきっかけとして、男女とも使える「看護師」として一本化されました。

 

慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。

 

 

 

ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、能力的なこと以外に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり調べられているのです。技能や知識のみならず、人としての良い面を相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。そこそこ昔のことではあるものの、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は世間的に認知されていた節があります。
しかし、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能であることを、知らない人はあまりいないはずです。
何しろ看護師の給料といえば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。そう、つまり看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。
総じてキツイと考えられがちな看護師の仕事。「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。
具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、休憩を挟むとは言っても、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、一般的に、看護師の勤務というものが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。
病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。
そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。

 

 

 

それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、得意なことを最も活かすことができる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。

 

 

 

なので、夜勤を希望したいと言っておけば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。

 

行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。

 

ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。けれども、多忙を極めていてくたびれている時でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。

 

さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。看護師はさながら女優だなと感じます。改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。大きく言うと、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬を処方することが仕事とされています。そして看護師については、医師の指導に則って、診療の補助をして、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。
看護師を志したのは中学での職業体験でのことでした。私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、感銘を受けたのが事の始まりでした。

 

大人になって仕事に就くならこんな風に働きたいと思ってそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。確かにつらいこともあります。しかし、それなりに充実していると思います。
勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。

 

 

勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、育児と仕事の両立を図りつつ、なんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。

 

どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。

 

 

 

しかし、なんとか対応していける主な理由は、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。

 

 

 

なお他業種同様、8時間勤務が基本です。
実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。

 

 

 

でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。
どのくらいの額かといいますと日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが世間の相場みたいですね。

 

パートの仕事の割にはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、人の命に関わる責任の重さや常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。

 

高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。
Wワークに向いた仕事も様々で、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。

 

 

 

とは言え、メインで働いている職場の規定で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。