マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





特報ナース求人

少々昔の話ですが、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できる専門職であることが、よく知られるようになっております。何しろ看護師の給料といえば、女の人であっても、その稼ぎでもって、家族が食べていけるようにできる程です。
要するに看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。職業上、看護師という立場では煙草を嗜む人がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際にはそのイメージ通りに国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。

 

看護師は病気の患者と接しますから、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が多いと分かるのではないでしょうか。あまり意識されたことは無いかもしれませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。

 

階級のトップからいえば、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。

 

どのようにして階級を上げるのかというと、長い間同じ病院に勤めて実績を残しておき、周囲から信頼されるような人材になることが必要だと言えます。
階級が上がれば上がるほど、収入も増えます。時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。

 

 

 

しかしながら、その一方で困難もまた様々なのです。

 

 

することは多く、責任は重く、勤務時間の問題もあります。

 

24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。

 

 

 

ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、デメリットに目をつぶることが可能なくらい長所も多いということに他なりません。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。
試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、ふつうに授業を受けていたなら、たやすい部類に入るのではないでしょうか。そういった、看護師を養成する学校は複数あります。

 

看護学校、短大、大学や学部などですが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。

 

 

 

看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、何てったって、ブランクがあったとしても心配はいらず、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と現場の人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。

 

 

「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第でたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。
看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。

 

 

 

普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残業しなければならなくなることが多いです。

 

 

けれども、いかに多忙で、疲労困憊でも、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。
つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもぱっと笑顔を作れるのですから時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。

 

 

病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も行い、看護師の大半はかなりの重労働をこなしているといわれています。

 

男性看護師も増えてきてはいますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、精神的に疲れてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは深刻な現状を表しているといえます。

 

看護師をするきっかけとして重要な理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、収入が高めだといえるはずです。

 

 

 

しかし、給料を多くもらうということは、それだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。

 

このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、実はどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、給与が増えているという状態です。

 

ですからナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、ハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。夜勤帯に働くかどうかでかなり手取りが左右されます。
交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、基本的に土日は休みになります。何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。
あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、多くの場合は土日は休めるようになっているでしょう。

 

友人は看護師として病院に勤めていたのですが、病気になってしまって、その療養のためにしばらく看護師を辞めていました。ですが、身体の調子が治ったら、早めに復職して看護師として今も病院で働いています。数か月間、仕事から離れていても、資格があればそこまで苦労なく復帰できますね。

 

再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。
病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。

 

 

その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に伝えることになっています。
患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。
あまり時間をかけず、要領よくこなすということも当たり前のように期待されます。

 

一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれ程のものなのでしょう。試験の合格率ですが、毎年90%前後ですから、決して低くありません。
試験内容も、それまでの学校生活でちゃんと学習していた人であれば難なく合格できるものですから、それほど取得が難関な資格という訳でもないようです。