ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/



























































オープニングスタッフ看護師東京

どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。実は、食事休憩をとりますよ、と働いている他の人にわかってもらう目的で普段から使用されているようです。
ちなみにエッセンとは何かといいますと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、そんな時代の名残ですが、とにかく現在に至っても普通に使用されているようです。

 

看護師としての勤務は、他職種と比較して高いお給料をもらえます。それと関係があるのか、着飾った人が多く見受けられます。
なのですが、多忙を極める仕事です。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」というようなことがあるようです。

 

収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最もいいと思います。

 

昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど人気が高いと思われる看護師ですが、なぜ結婚できない看護師が多いのでしょうか。
具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は両極端だという事が言えますね。

 

晩婚の理由として多いものは、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、まだ経験が浅ければ、確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。実際に、私の妻も看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変だった思い出があります。
看護師の不足は医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。

 

 

 

その原因として代表的なものは、仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事が増加する一方になり、仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。

 

 

 

勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に退職する人もいます。
看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、やっぱり、ブランクがあったとしても心配はいらず、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人手不足であるということが深く関与しています。

 

 

「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、時と場合によりすでに50代になっていても再び働くことができます。

 

少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。
お世辞にも良いとは言えない労働環境で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死に至った看護師もいました。
では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そこでも高齢者人数の増加によって、看護師需要は高まるばかりで、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。

 

看護師として、毎日激務をこなしているうちに、つらいこと、大変なこともあります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。
一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない診療科としては、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。

 

 

ですが、どういった病院か、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。看護師というものは普通の仕事とは違うと思われやすいですが、そうは言っても、労働組合のようなものがなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。

 

 

 

看護師というものはストライキをすることも難しく、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが大事だというのは当然の事実です。転職の際には、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、注意すべきことがあります。

 

注意すべきこと、それは履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望した動機について、どのように表記するかということになります。

 

雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、成長に繋がるといったことや、過去の経験を生かせそうだからというような、やる気に満ちたような内容がいいと思います。
交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、多くの病院では、申し送りを行っています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、その他報告しておくべきいくつかの事項を直接、顔を合わせて報告するというものです。伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話す努力が必要です。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも当たり前のように期待されます。看護師の資格を取得するには皆さんご存知のように、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。

 

 

二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

 

 

それに対して、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習に多くの時間を割き、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。
看護師として働く人は女性がかなりの割合を占めている職業なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、結果的に離職率が高い仕事となっています。加えて、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重くなかなかリラックスできる暇などなく、そうしたことにより強いストレスを経験することになります。

 

ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。

 

そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを持っているということは大きな利点であり、この先も長く続けたい場合はかなり重視するべき点ではないでしょうか。仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。さて、看護師として長く働き続けると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についてもわかるようになったりするようです。