ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/



























































好評ベスト5社看護師転職

私がなぜ看護師になりたいと思ったのかというと、職業体験というものが中学の時にあって介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。大人になって仕事に就くならあんな職業をしたいと思って看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。

 

確かにつらいこともあります。しかし、充実した日々を過ごしています。

 

 

主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。いわゆる課長職でも、その年収は中小企業と大企業では全く違うのと同様に、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。または、公立と民間、地域によっても差があって、例えば、公立病院の場合、大体750万円くらいになると推測できます。

 

看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、世間的には、好印象を持つ人が大半でしょう。けれども、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。
少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死してしまった看護師もいたのです。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。卒業を控えているのに、看護師の就職先が上手くいかないという人は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。
求人において年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、病院が裏で採用の年齢をあらかじめ決めている場合もあります。
例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合ではかなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。

 

正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、看護の専門学校や大学等を卒業することが絶対条件です。

 

看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、専門学校に入学するための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。
もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校が行っている通信教育課程があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。

 

殆どの看護師に共通する悩みといえば、休日や出勤日が不規則な事だと思います。折角休みになっても友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする事が悩みのタネになっているようです。

 

あるいは、単純に忙しくて休みが取れないケースもあります。

 

きちんとした休みを望むのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。

 

 

 

看護師の仕事といっても、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。

 

配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。また、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、多くの知識を身に付けることが出来ます。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、モチベーションが湧いてきます。

 

 

職場にもよりますが、看護師の給料というのは、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、けっこう良い給料をもらうことができます。

 

人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。

 

身体的にきつい夜勤が人より多い場合や残業を厭わずに長時間こなす等々、そんな看護師なら確実に給料は、通常より相当、高いものとなっているはずです。
看護師というものは「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、他の仕事と同様に、労働組合のようなものがなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。

 

 

看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側が、適切に配慮することが大事なことだと思います。
看護師の仕事をしていく中で当然のことですが、やめてしまいたくなることもままあります。
仕事上のミスや、患者さんとのトラブルなどもあるのです。
しかし、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと感じることも多くあります。

 

時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によってさまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。

 

 

 

子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それに加えて外来勤務においては、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。

 

 

 

忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、例えば人気のある診療科だったりしますと待合室に患者があふれるようなことにもなって、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。

 

勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは病院や、診療科によっても違います。普通、看護師としてキャリアを積んでいくと地位が高くなっていきます。婦長といえばその役職も想像がつきやすいですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。
一口に看護師といっても、学生やパート看護師が増加しているため、正看護師であれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。ほんの少し前までは疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近年では少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。看護の際、患者を移動させたり入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休がないので、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。職業上、看護師という立場では愛煙家が多くない印象がありますが、そのイメージ通りに平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いをつけないよう、意識している看護師が増えていることが理解できると思います。