ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/



























































好評ベスト看護師求人

看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。

 

 

 

看護師の資格を持っていれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。

 

ただ、本業の医療機関においてWワークを禁じていることがあったり、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、しんどさを覚える場面も多いはずです。

 

 

特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。

 

ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について感じる事になってしまうでしょう。将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として広く知られているとは思いますが、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。

 

授業の内容などはそこまで変わらないのですが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。他方、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習時間が多く設けられているため、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。
子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、色々と事情があって就職し、会社勤めをしていました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職することも考えましたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師資格を取る方法があることを知りました。

 

 

 

この方法で看護師の夢を叶えたいです。

 

病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りというものが必要になります。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護師が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて報告するというものです。患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話すようにします。
業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も大事なことになります。

 

 

看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると体調を崩してしまうならば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。
注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて収入が少なくなることがほぼ確実なのです。今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。多くの方が看護師を続ける動機として重要な理由の一つに「給料が高い」ということがあります。例えば、一年目の給料で見てみても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。

 

 

 

しかし、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。本来、職業としての看護師が専門的な知識や経験が求められ、安定した職種の一つであるとして希望者が多いのですが、さらに公務員の待遇が付加することでもっと安定性が高まりますよね。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。

 

これらは魅力的なメリットです。

 

 

 

きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、元気になって退院していった患者さんが、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。

 

 

 

それから、患者さんの家族の人たちに涙ながらにお礼を言われるような時も、大変に感動したりします。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、退職したいと考えるだろうと思います。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、そのために強いストレスを経験することになります。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら見逃すことのできない点になるでしょう。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。

 

正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。その時給ですが昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。

 

 

単にパートの時給としてみるとなかなかの数字なのでしょうが、専門職である人命に関わる看護師であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、どうしても安く感じてしまいます。学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。

 

 

さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。

 

それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態はまあ、お察しの通りです。

 

 

ちなみに酒豪が多いです。

 

 

とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。

 

結婚相手として人気が高いと思われる看護師ですが、意外と未婚の人が多いようですね。

 

調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚の差が開いている事が言えますね。

 

挙げられる理由としては仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。
病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。

 

ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。
あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になるポジションにつくことができるでしょう。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

 

就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。
なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。あまり健全ではない、そんな空気の中にいてあまり良い気分もしないでしょうが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだとわかっておけば、冷静でいられるでしょう。