マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


































大学保健室看護師募集

正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必要不可欠になります。看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、専門学校に入学するための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。

 

 

もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信で学べる学校もありますから、働きながら勉強することが出来ます。看護師だった知人は、ある病気の治療のためにしばらく看護師を辞めていました。
ですが、身体の調子が治ったら、早速現場に戻って、看護師として今も病院で働いています。
ブランクがあっても、役に立つ資格があったら比較的簡単に職に復帰できるんですよね。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。

 

 

一般的に看護師は人気が高いと思うのですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。看護師がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、早婚と晩婚が極端に分かれていると判明しました。
晩婚になる理由を挙げるとすれば、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で婚期が遅れるようです。
日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。
そして、気になる退職金は、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、納得のいく額が支払われることになるでしょう。翻って個人病院の状況ですが、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。

 

 

 

公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。

 

他はそうとも言えない、ということになるでしょう。
卒業を控えているのに、看護師の就職先が見つからず、上手くいかない場合は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人サイトなどには年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、病院が裏で何歳以下だけを採用するとあらかじめ決めている場合もあります。

 

例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では相当な努力が必要になると思います。二年ほど前から、病院事務として勤務しております。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、いつでも皆さん忙しくされています。

 

仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。でも、私が思ったよりも「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。子供を連れてきている看護師さんが結構たくさんいたんですよ。先生方も喜んで迎えられていて終始温かないい雰囲気となりました。収入の話になりますが、看護師という職業は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、相当高めの給料をもらうことできます。
医療現場という、人命のかかった職場であり、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当がちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。
他の人より夜勤をたくさんこなしていたり残業を厭わずに長時間こなすといった看護師の場合、そうでない人たちより高めになります。

 

皆さん想像がつくと思いますが、看護師は大半が女性なので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くてその結果、離職率が高い割合を示しています。

 

 

 

その他にも、勤務する時間が不規則だったり、ハードな仕事内容であることが原因で離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。

 

 

 

収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。
昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は夜勤が必須の職業です。
具体的な勤務時間でいうと、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。

 

また、3交代勤務の場合、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。就職しようとしている病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、前もって知っておいた方が良いでしょう。
働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。

 

 

正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。どのくらいの額かといいますと日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が世間の相場みたいですね。時間いくらのパート勤務にしては結構良いように思えますが、人の命に関わる責任の重さやかなりの激務をこなしていることを思うと、つくづく安い値段ではないでしょうか。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、ここ数年でどんどん病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。
ということはつまり、医療機関で働く看護師に関してもどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。

 

ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、求人募集がとても多いということでもあり、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。常日頃、看護師とて奮闘していて、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。どこが一番楽のできる診療科か、ということを真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。
他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。

 

ですが、どういった病院か、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。
転職の際には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けるべきことが存在します。
何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望の理由の書き方です。

 

雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。看護師として患者から信頼してもらうためにも、働く看護師は外見に気を付けておく事が必須になります。
メイクが必要な女性では、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。

 

すっぴんとは異なり、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が良くなるでしょう。

 

看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは極力、放射線を浴びないようにすることです。

 

 

 

CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、慎重に行動してください。
それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、気をつけないといけません。

 

 

 

また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。
ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。