マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





働きやすい病院ランキング

改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。大きく言うと、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防指導を行ったり、薬を処方することが仕事とされています。そして看護師については、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療の補助をして、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。夜勤のない職場に移ったとしても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そこでも高齢者人数の増加によって、さらに看護師の需要は高まっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。看護師がどんな風に思われているかというと、別名「白衣の天使」ということからも往々にして、良い印象を持たれていることが多いと言えます。ただ、看護師の勤務の実情に着目してみれば、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。

 

プラス面だけに着目せずに、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。

 

 

転職活動の場面においては、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、注意すべきことがあります。

 

それは何かと言いますと、その履歴書で最も重要な志望した動機について、どのように表記するかということになります。

 

 

どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、技術や知識を学べるといった理由や過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような意欲溢れる動機がベターでしょう。

 

看護師は良い給料をもらってはいますが、よく見てみると、夜勤手当があることによって給与が増えているという状態です。

 

仮に「いいお給料で看護師をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりもできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。夜勤の有無によって給料の額は違ってきます。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は求人が途切れるようなことはありません。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。
しかも、丁寧に探してみれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。

 

 

ネット環境があれば、簡単にアクセスできる転職や求人を看護師に特化したサイトが増えてきていますから、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。実際の看護師資格取得の難易度はどれほどの難しさなのでしょうか。資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。

 

 

試験内容自体が、今までの授業でしっかりと勉強していれば難なく合格できるものですから、全く看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。

 

決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。
スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。看護師資格の最大の利点は、何てったって、看護師として勤務していない時間があっても、また看護師に戻れるという点です。

 

その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと働き手が足りていない現状が深く関与しています。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、条件に合えばたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。

 

今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。職場では女性が多数で、なかなか男性と関わる機会がなく、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。街コンの場面でも、看護師は人気があります。

 

とは言え、もしも新しい出会いがあっても勤務形態が不規則なせいで、破局をむかえることが多いと言われています。

 

看護師が活躍できる場所は、病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。
どういったところかというと、グループホームという介護施設です。こういったところでも特に看護師は重宝されているのです。
こういったグループホームに入所している方は、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、特別な配慮が必要となってきます。
介護の分野に関心があるという看護師は、勤務先にグループホームを選択することも考えてみてはいかがでしょうか。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で表現した場合、二通りで表すことができます。かつては看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。

 

2001年の法律改正を機に、男女分け隔てなく使用できる看護師という呼び方に統合されました。看護師の資格を取得するには皆さんご存知のように、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。
二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。
他方、専門学校の利点は何でしょうか。
それは、学費が大学に比べて安いということと実習時間が多く設けられているため、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。未就学児であれば、24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。
そういう理由で子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も相当数いると思われます。

 

 

 

一般的に見ると看護師として働くことは大変ハードだと認識され、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。
具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、合間で休憩はあるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。

 

長時間勤務がザラだということも看護師がハードだと思われやすい理由になっていると思います。