マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


































ベスト公式看護師転職

ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。
いわゆる課長職でも、その年収は大企業と中小企業で変わることから分かるように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。または、公立と民間、地域によっても差があって、ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、大体750万円くらいになると推測できます。

 

 

 

看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれている通り、世間一般では良い印象を持たれていることが多いと言えます。

 

 

しかしながら、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。良い面だけを見るのではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。

 

 

 

人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いなどと、言われることは多いですが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。

 

一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。

 

職場がそんな人間関係ばかりだといい加減、疲れてしまうかもしれません。
でも、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは達観しておくのが良いでしょう。

 

入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤で働く必要のある仕事です。

 

 

 

実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制か3交代制かでまた違っています。2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、対する3交代勤務の夜勤では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。
応募する病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、調べておきましょう。

 

一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。

 

そんな風に、再就職ができるのか、できないのかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。例を挙げるなら、結婚や転居、または出産、育児を理由とした辞職であれば、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。

 

こういった事例は増加しています。

 

諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして復職を果たす、という人も増えてきています。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く神経を張りつめていることが多く、こうした生活が続くと大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、精神的なきつさも感じることになります。
そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を探し出せるかどうかというのは、看護師というハードな仕事を続けていくためには大事な点になるでしょう。

 

 

友人は看護師として病院に勤めていたのですが、病気になってしまって、その療養のために一度看護師を辞めています。

 

 

 

ですが、病気が完治すると早速現場に戻って、昔と変わらず看護師として勤務しているのです。

 

ブランクがあっても、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。
普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。

 

職場にもよりますが、看護師の給料というのは、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、随分と高給です。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、夜勤や残業が多く、それに対する手当をしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか急な残業を断らず行なうといった看護師の場合、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、着実に病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。

 

 

 

そうなってくると、医師と看護師もさらに多く必要とされていますが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。けれども、それほど人手が足りない状況だと、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等のメリットも確かにある訳です。

 

誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。
あの帽子というのは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。

 

料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。
ですが、近年では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは残念だと思いますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。

 

一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、詳しく見てみると夜勤の手当に依るところが大きいことによって給与が増えているという状態です。仮にナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば職場選びの際、日勤だけではなくハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。夜勤の有無によってどのくらい稼げるかが変わってきます。そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、医療や介護など、様々な場面で求められています。
もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、その際に気を付けてさえいれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。近年においては、ウェブ上のサービスとして転職や求人を看護師に特化したサイトが思った以上に多数存在しますし、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。
もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。

 

厳しい労働環境の中で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。
きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、多くは訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。

 

 

 

どうしても、看護師という職業においては煙草を嗜む人があまり居ないというイメージですが、印象通り、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。

 

 

 

看護師は病気の患者と接しますから、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、自主的に禁煙している人が少なくない様子が理解できると思います。

 

 

私の仕事は病院事務です。

 

看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが皆さんいつも忙しそうです。仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。
ですが、予想よりも上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、自分の子供と一緒に参加している看護師さんが相当いるんですよ。

 

 

 

先生方も笑顔で、アットホームな雰囲気でした。