マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





ナースパワー 応援ナース 求人

大方の場合、看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、合間で休憩はあるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。

 

長時間勤務がザラだということも看護師として勤務することがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。

 

病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。
あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、それを活用できる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。

 

 

 

そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

 

もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。

 

なぜ看護師をやるのかといわれたときに、欠かせないものに「給料が高い」ということがあります。

 

 

働き始めて最初の給料を鑑みても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。

 

 

ただ、そのように高給をいただくということはその分、研鑽に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。
転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。

 

病院で病棟勤務に就いている看護師なら文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により誰もが夜勤を経験します。

 

 

なくてはならない夜勤業務ですが、医師や看護師など、人の数がかなり減り、そんな状態で夜間に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。
そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、大体いつも、日勤より多くなるようです。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、部署が違えば、看護師として必要になる技術や処置もまた違います。ローテーション研修は、看護師にとってひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。
また、視野を広げて、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、看護師としてのやる気も湧いてきます。
看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、転職によって新しく働きだした看護師に、通常支払われるはずの残業代についてきちんともらえないケースがあります。

 

残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反しています。

 

就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、働いた人に支給されるべきでしょう。たいていの場合、看護師の人間関係は良くないなどと、言われることは多いですが、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。
俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。職場がそんな人間関係ばかりだと少々げんなりすることもあるかもしれませんが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは納得しておくと良いかもしれません。

 

年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。

 

国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、ふつうに授業を受けていたなら、たやすい部類に入るのではないでしょうか。

 

看護師を養成する学校というのはいくつか種類があるのですけれど、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。

 

何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。
覚えておかなければいけない仕事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、実は常に緊張状態という事もあるのです。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも今では珍しくありません。

 

 

責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方や趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。

 

 

 

初めて看護師の就職先を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、年齢が原因になっている可能性があります。求人広告や求人サイトには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、病院側の事情で採用の年齢を決めている場合があります。中でも、30歳以上で未経験の場合、相当な努力が必要になると思います。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師はなかなかリラックスできる暇などなく、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。
ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタル面にもつらい部分があると言えます。

 

そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら重要視した方が良いようです。改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。
はっきりした違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、薬を処方することが仕事とされています。対する看護師の仕事は、医師に指示されたときに、診療時に医師の補助を行って、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。

 

大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。

 

 

 

それから、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も仕事の一つです。

 

緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、めまぐるしく忙しい日もあるでしょう。
日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。
退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、それを支払ってもらえるでしょう。

 

 

他方で個人病院の状況を見てみますと、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。
勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。