マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





ナースではたらこディップ

医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて夜勤をこなしていくことになります。
なくてはならない夜勤業務ですが、医師や看護師など、人の数がかなり減り、また、夜中になって患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤のそれを上回ることになります。

 

 

 

看護師というものは特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他職種と同じように、労働者の権利を訴えるような組織がなければちゃんとした雇用条件で働けず、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。
ストライキを起こすことも看護師は難しいので、雇用する側が、考慮することが最も大切です。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは極力、放射線を浴びないようにすることです。

 

エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。
もう一つ、薬のことも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。
また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。

 

国家資格を有した正看になるためには、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが条件です。それが試験の受験資格でもあります。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、専門学校に入学するための予備校に通って勉強する人もいます。准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、看護学校の通信課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。

 

 

看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。

 

結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職させてもらえないことだってあるかもしれません。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、実は意外と調整しやすいようになっています。

 

どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。
小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みはクリニックや病院の勤務形態によってそれぞれ異なるようです。中でも3交代勤務の職場においては、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることがよくあります。
むしろ、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。

 

離職率が高い職業として看護師が有名ですが、転職率も高いですね。
こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが増えています。専用の転職サイトなら、さらに効率よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。
たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを一緒に活用することをお勧めします。
医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。
日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。

 

 

 

また、病棟勤務と違い、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、特に大病院や、人気の診療科などがあると多くの患者で待合室がいっぱいになり、対応には時間がかかるでしょう。
クレームが入ることもよくあります。
どんなスキルが必要になるか、ということもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。

 

けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、強いストレスを感じることはよくあります。
そういう看護師の仕事を続けていると、自然にそれなりの知識もついてきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自分自身の身体や健康についても状態を自覚したりできるようになります。
看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均年収という一点では看護師の方が上なのだそうです。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく常に需要が高い傾向が見られますから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という役得もあるようです。
収入が良いのは事実ですが、その一方で、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。
未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。
男性から人気が高い看護師が、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際のところ、看護師の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が指摘できるのです。挙げられる理由としては出会いが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。

 

受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。

 

 

それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。

 

 

最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることと一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。

 

それに対して専門学校は、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。

 

その他、学費に関しても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。
少し長く看護師をしてきておりますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。
しかし、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。
また、お酒の席での看護師たちの酔いっぷりといったら決して可愛くも上品でも天使でもありません。
とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。昔の話ですが、かつての看護師といったらほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。

 

 

 

でも、今ではどこでも看護師の名称が使われ、男性が働くことも珍しくありません。看護師に相応しい性格や能力をみても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。

 

母性的な優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。