マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





好評ベスト 看護師 求人

最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、看護師の仕事がありますよね。

 

 

外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くので看護師経験が浅い間は確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。妻が看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず悩みました。

 

医療施設で看護師として働いていた知人は、病気になってしまって、その療養のためにいったん退職しました。
ですが、病気が完治すると早速現場に戻って、看護師として今も病院で働いています。ブランクがあっても、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。

 

やはり資格が大切なことが改めて分かりました。看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。
では、退職金についてはどうなっているかといえば、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。一方、個人経営の病院になると、病院にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。病院に初めて看護師が就職を果たした時、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれることもありますが、人員配置を担当する人の考え方一つで決定されることもあり得ます。

 

全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、導き出された結果としての配属であるはずです。でももし、その配置に不満がやまないのなら部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、家庭の都合から、企業に就職してしばらくOLとして会社に勤めていました。
ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。
転職して、無資格で医療関係の仕事に就くという事も出来ますが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、医療施設で看護助手として勤めながら資格も取れるそうなのです。
諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。

 

我が国の法律で、看護師は医師の診療を補助する役割と定められています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。

 

そうはいっても、患者さんの状態によって、切迫した状態では、経験豊富な看護師であれば、医療行為も少しぐらいは許可されてもいいのではないかと考えています。

 

時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。

 

しかしながら、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

 

 

第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。

 

 

それから、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。
大変だと知りつつ、看護師という職業を希望し、勉強に励む人が多い訳は、難点を補って余りある意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。
給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、実をいうと夜勤の分の手当てによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。ですので、良い給料で看護師をしたいというのなら職場選びの際、日勤だけではなく夜勤がある勤務先を選択してください。

 

夜勤の有無によってどのくらい稼げるかが変わってきます。
いま日本においては、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。しかしながら、日本語で出題される看護師の国家試験にもしも、3年以内に看護師になれなければ自分の国に帰らなければなりません。
就労中に日本語を学び、また、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。
以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。

 

とはいえ、戻ってこられるかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。

 

 

 

多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。

 

こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして復職を果たす、という人も増えてきています。

 

総じて看護師の職はハードワークだと言われますが「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、合間で休憩はあるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。長時間勤務がザラだということも一般的に、看護師の勤務というものがハードだと思われやすい理由になっていると思います。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、一にも経験、二にも経験となります。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として働く場所を変えようとするケースもあるようです。

 

 

救急や最先端の医療を行なう大きな病院などでさらに能力をアップさせたいと願う、意義のある職場変更と言えるでしょう。

 

 

 

看護師としての勤務は、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。

 

 

それと関係があるのか、洋服に気合いが入った人が少なくありません。なのですが、多忙を極める仕事です。

 

勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」といったケースもよくあるみたいです。

 

 

 

給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最高でしょう。

 

看護師をするきっかけとしてとても現実的な理由として「給料が高い」ということがあります。
新卒の給料を見ても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも高めだといえるでしょう。しかしながら、このようにして高収入を得ているのですから、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに貢献していかなければなりません。看護師の人間関係は、構築が難しいと、当たり前のように囁かれたりしていますが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。

 

女性は協調性に優れていることもあって仲間同士で固まりやすくそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。
職場がそんな人間関係ばかりだと少々げんなりすることもあるかもしれませんが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。